Outlook.comを使って独自ドメインのメールを使えるようにしてみた【鉄王さん補足版】


GoogleAppsを使って独自ドメインのメールを紐付けている人は多くいると思いますがー。

GoogleApps、有料なんですよね。
どうして無料のころにアカウント取っておかなかったのか…悔やまれますわー。

ところがどっこい、何とMicrosoftが提供するOutlook.comからも
同じように独自ドメインのメールを使うことができるようになるサービスが出たと聞いて、
早速試してみました!

基本的な流れは鉄王さんのブログ
【Google Apps(無償版)難民救済企画】Outlook.comで独自ドメインメールを無料運用してみたよ(Gmailへの転送もOK)」
をご参照ください。

で、僕が今回補足したいのは、以下のような状況が発生したことです。
ドメインはお名前.comにて管理
Webサーバーはロリポップ
DNSはそのまま無料でお借りできるお名前.comのものを拝借

Webサーバーがロリポップですので、ネームサーバーはロリポップが指定している
「uns01.lolipop.jp・uns02.lolipop.jp」に向けなければなりません。

しかしお名前.comのDNSサーバーを使用する場合、
このような注意書きがあります。

——————————————

レンタルDNSレコードの設定を利用するドメインは以下のネームサーバーを指定してください。
プライマリ:01.dnsv.jp
セカンダリ:02.dnsv.jp

——————————————

つまり、だ。
ネームサーバーがダブってしまって、このままでは設定ができないわけです。

ここで頓挫しかけたところ、ひこべい先生から手助けが。

WEBサーバ(Aレコード)と、メールサーバ(MXレコード)で別々のホストを指定すればいいんじゃないの?Aレコードではロリポ、MXレコードをOutlook.comにしておけばいいんじゃないの?
お名前.comはDNSのゾーン設定の編集できるみたいなんで…

言われたとおり、やってみました!

01

あ、モザイクのTTLのところ、適当に隠しました。
隠さなくてもいいものかも知れません。よく分からないので!w

んで、NSの4つはDNS使いますよ!と決定した段階で勝手に指定されます。
なので、TTLは別に隠さなくていいのかも知れませんがw

で、AレコードのVALUEにある4つのボックスはロリポップから振られたIPアドレス、
MXとTXTはOutlook.comから指定されたものを入れました。

この設定で見事、Outlook.comで独自ドメインメールを使いながら、
別のWebサーバーを使う設定ができました!

※AレコードやMXレコード登録時、項目の手前に空白のボックスが出ますが、
ここは無記名でOKでした!

02

【補足調査】——————————————

AレコードとかMXレコードとか何ぞや、って思ったので調べときました!

理解する為に読んだのはこちら:ちょんまげ英語塾・DNSの解説 for ビギナー

Aレコードはアドレスどこに紐づいてるのか、サーバーのIPアドレスで指定。
MXレコードはメールをどこに送るかホスト名で指定。

サブドメインを切るときはAレコードのホスト名のところに記述して追加するのかな?
次回いろいろやってみよう!

他のサーバーのマニュアルとかいろいろ読んだけど、MXやTXTが
ホスト指定であって、IPアドレス指定でない理由までは分かりませんでした…。

SPECIAL THANKS:鉄王さん、ひこべい先生

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.